メンタルケア心理士になるには

メンタルケアトリプル講座

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケアWライセンス講座

 

 

メンタルケアカウンセラー、メンタルケア心理士、メンタルケア心理専門士の3つの資格を同時に目指す講座。

無料資料請求はこちら

 

 

メンタルケア心理士、准メンタルケア心理専門士、メンタルケア心理専門士の3つの資格を同時に目指す講座。

無料資料請求はこちら

 

 

メンタルケアカウンセラー、メンタルケア心理士の2つの資格を同時に目指す講座。カウンセリング実技実践付。

無料資料請求はこちら

 

超ストレス社会といわれる現代。家庭でも企業でもメンタルケアが欠かせなくなってきました。
あなたも、まわりも、うつ病をはじめとする現代病に悩まされたことがあるのではないでしょうか。
けれど、そういった社会に気づくのは、多くは大人になったときですよね。
大人になってから心理系の大学を目指すのはお金も時間もかかりすぎます。
そこで、メンタル系の資格「メンタルケア心理士」が気になった人もいるでしょう。
メンタルケア心理士として社会で活躍するには、どのようにしたらよいのでしょうか。
メンタルケア心理士になるために必要なこと、メンタルケア心理士講座について解説します。

 

メンタルケア心理士になるために必要なこと

まず民間のメンタル系資格「メンタルケア心理士」を取得しないといけません。
民間資格を取得したあと、メンタルケア心理士として企業に就職すると「メンタルケア心理士」として活躍できます。
福祉や教育の現場だけではなく、一般企業でも、メンタルケアができる人が求められている時代です。
またメンタルケア心理士の資格はメンタルケア学術学会という公的学会が認める社会的信頼度が高い資格。
資格を取得したら、履歴書に書いて就職活動をおこないましょう。

 

メンタルケア心理士の資格を取るには?

メンタルケア心理士の資格を取得するには条件があります。
必須条件は文部科学省後援こころ検定(R)2級を合格していること。
プラス、以下のいずれかを満たしてないといけません。

 

  1. 認定心理士の資格を保有していること
  2. 産業カウンセラーの資格を保有していること
  3. メンタルケア学術学会が定める「学士・修士申請規定」を満たし、文部科学省の定める4年制大学心理学部、学科または心理隣接学部、学科卒業者で証明できる者
  4. メンタルケア学術学会が認める機関で「メンタルケア心理士講座」を修了していること

 

認定心理士は大学に通わないといけない

認定心理士の資格は四年制大学で心理学を学んでいることが、おもな条件です。B番も同じく、四年制大学に通う必要がありますね。
大学に通い直すとなると、お金も時間もたくさん必要です。
仕事や家事で忙しいと、とてもむずかしいことですね。

 

産業カウンセラーにかかる時間や費用

産業カウンセラー養成講座を受けて修了すると取得できます。
実践力がとても身につく講座ですが、時間もお金も非常にかかります。
また「家でマイペースに学習をすすめたい」という人には向かないでしょう。

 

産業カウンセラー養成講座の内容

WEB講座(32時間ほど)+理解度テスト(13時間ほど)
会場での実践演習+面接の体験学習(104時間ほど)+ライブ理論講義(12時間ほど)

 

学習期間

6か月か、10か月コースどちらかを選びます。
春か秋に開催と決まっており、自由に始めることはできません。

 

受講料

29万7千円

 

メンタルケア心理士講座

あまり時間もお金もかけられない場合は、「メンタルケア心理士講座」を受講するのをおすすめします。
メンタルケア学術学会が認める機関には3つの通信講座があります。
そのひとつ、私が受講した「ヒューマンアカデミー たのまな」を選んだ理由や、メンタルケア心理士講座の概要・学習期間などをお知らせします。

 

 

ヒューマンアカデミー たのまなを選んだ理由

公式テキストで学習できる

メンタルケア心理士の申請条件には必ず「こころ検定2級の資格取得」をしていること。
こころ検定2級は範囲が広く、医学的な知識も必要になってくるので、合格がむずかしいといわれています。
範囲が広い、難易度が高い試験を効率よくクリアするには、なにが有効でしょうか。
「過去問」や「公式テキスト」でしょう。
この講座では、公式テキストを使って学習をすすめられるので、最も効率よく試験対策ができます。

 

自宅でプロの講義を聞くことができる

臨床心理士など心理学の専門家が講義を担当しています。
家にいながらプロの講義を聞いて学習できるうえ、何度も見直すことができます。
実際の講義では聞きもらしたりすることがありますが、録画なら聞きもらすことがありません。
プロの教えをすべて聞いて、学習に取り入れることができます。

 

忙しい人でもスムーズに学習できる

この講座には「e−ランニング」というコースがあります。
DVD講義すべてを5分形式の短い動画にいくつもまとめたものです。
スマホ、パソコンどちらでも観られるので、通勤時間やスキマ時間に学習できます。
料理中や家事のあいだに流したり、お風呂時間に観たりして有効に時間を使うことができました。
忙しいからできないかも…と不安な方はぜひこのコースを試してみてはいかがでしょうか。

 

メンタルケア心理士講座の学習期間や費用

メンタルケア心理士講座では、講義DVD8枚、テキスト3冊、添削問題集などをつかって学習します。
こころと体のつながりや、精神疾患など医科学的な分野を含め、カウンセリングの基本姿勢まで学ぶ学習内容となっています。各章ごとにある添削問題集をすべて解いて提出し、一定の成績を修めると講座修了となります。
(資格は、こころ検定2級の試験を合格したら認定されます。)

 

【価格】

一括払い :49,000円(税込)
分割払い例 :15回なら(初回:4,222円、2回目以降:3,400円)

 

【学習期間】

標準:4か月
学習サポート:8か月

 

まとめ

メンタルケア心理士になるには、まずメンタルケア心理士の資格を取得しないといけません。
その一番早く簡単な方法が、ヒューマンアカデミー たのまなの「メンタルケア心理士講座」です。
プロの講義や、資格の主催団体が出している公式テキストをつかって学習できるので、合格に近づくことができます。
メンタルケア系の仕事に興味ある方、第一歩として、ヒューマンアカデミー たのまなを活用しませんか?