マスターケアストレスカウンセラー講座

マスターケアストレスカウンセラー講座

メンタルケアトリプル講座

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケアWライセンス講座

 

 

メンタルケアカウンセラー、メンタルケア心理士、メンタルケア心理専門士の3つの資格を同時に目指す講座。

無料資料請求はこちら

 

 

メンタルケア心理士、准メンタルケア心理専門士、メンタルケア心理専門士の3つの資格を同時に目指す講座。

無料資料請求はこちら

 

 

メンタルケアカウンセラー、メンタルケア心理士の2つの資格を同時に目指す講座。カウンセリング実技実践付。

無料資料請求はこちら

 

 マスターケアストレスカウンセラー講座とは何ぞや?

 

マスターケアストレスカウンセラー講座というのは、「ケアストレスカウンセラー講座」と 「青少年ケアストレスカウンセラー講座」と 「高齢者ケアストレスカウンセラー講座」と「企業中間管理職ケアストレスカウンセラー講座」がセットになっている講座です。一般財団法人職業技能振興会認定「マスターケアストレスカウンセラー」の称号を得るカウンセリングのプロのためのコースでもあります。

 

ケアストレスカウンセラー講座としては、心とコミュニケーションの学びを通して、パーソナリティの形成のメカニズムやうつ病などのメンタル疾患の症例といったメンタル疾患に関する幅広く正確な知識を把握し、万が一メンタル疾患と疑われる場合どのように対処すればよいかを身につけていきます。青少年ケアストレスカウンセラー講座では子どもから成人に達するまでの青少年と青少年を家族に持つ親御さんのケアを目的としています。

 

高齢者ケアストレスカウンセラー講座では、高齢者がおかれている心理や社会的な状況を理解し、高齢者ケアをおこなう技法などを学んでいくことになります。企業中間管理職ケアストレスカウンセラー講座は、メンタル疾患を自ら回避するため、またメンタル疾患を抱えてしまった勤労者に対してどのような対応したらよいかを具体的に学ぶためのものです。

 

 4つの資格に加えてマスターケアストレスカウンセラーの称号も!

 

マスターケアストレスカウンセラー講座では複数の講座がセットになっているということもあり、一般財団法人職業技能振興会の認定する「ケアストレスカウンセラー」「青少年ケアストレスカウンセラー」「高齢者ケアストレスカウンセラー」「企業中間管理職ケアストレスカウンセラー」という4つの資格取得を目指すことができます。それだけではなく、青少年ケアストレスカウンセラー認定試験、高齢者ケアストレスカウンセラー認定試験、企業中間管理職ケアストレスカウンセラー認定試験の3種の試験に合格し、申請することによって「マスターケアストレスカウンセラー」認定を受けることもできます。

 

マスターケアストレスカウンセラー講座を受講することによって一度にたくさんの資格取得を目指せるのです。もちろん、複数の講座がセットになっているということもあり少々お高くなりますが、とても効率的なのではないでしょうか?