高齢者ケアストレスカウンセラー総合講座

高齢者ケアストレスカウンセラー総合講座

メンタルケアトリプル講座

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケアWライセンス講座

 

 

メンタルケアカウンセラー、メンタルケア心理士、メンタルケア心理専門士の3つの資格を同時に目指す講座。

無料資料請求はこちら

 

 

メンタルケア心理士、准メンタルケア心理専門士、メンタルケア心理専門士の3つの資格を同時に目指す講座。

無料資料請求はこちら

 

 

メンタルケアカウンセラー、メンタルケア心理士の2つの資格を同時に目指す講座。カウンセリング実技実践付。

無料資料請求はこちら

 

 高齢者ケアストレスカウンセラー総合講座とは何ぞや?

 

高齢者ケアストレスカウンセラー総合講座というのは、「ケアストレスカウンセラー講座」と「高齢者ケアストレスカウンセラー講座」がセットとなっている講座です。

 

ケアストレスカウンセラー講座では、心とは何かという基本的なところから、心が病むとどうなるかといったところまでより深く学んでいくことができます。パーソナリティの形成のメカニズムやうつ病などのメンタル疾患の症例についても勉強することができますので、万が一メンタル疾患が疑われるような場合にはどのように対処すればよいかといったところまで理解していくことができます。

 

高齢者ケアストレスカウンセラー講座では、高齢者がおかれている心理や社会的な状況を理解し、高齢者ケアをおこなう技法などを勉強していくことになります。高齢者に起こりやすいメンタル疾患について実例に基づいて、対処のポイントを学んでいくことができますので実践にも生かしやすいでしょう。

 

 高齢者ケアストレスカウンセラー総合講座ではふたつの資格取得を目指せる

 

高齢者ケアストレスカウンセラー総合講座では、一般財団法人職業技能振興会の認定する「ケアストレスカウンセラー」と「高齢者ケアストレスカウンセラー」というふたつの資格取得を目指すことができます。職業技能振興会は内閣府から正式に認可されている団体になりますので、資格としてもその信用性は高いと言えるでしょう。

 

ケアストレスカウンセラーの受験資格は18歳以上で、高齢者ケアストレスカウンセラーの受験資格は18歳以上でケアストレスカウンセラー資格保有者となっています。当たり前なのですが、順番としてはケアストレスカウンセラーの資格を取得した後で高齢者ケアストレスカウンセラーの資格取得を目指すという形になります。

 

ケアストレスカウンセラーと高齢者ケアストレスカウンセラーの受験資格からもおわかりになりますように、高齢者ケアストレスカウンセラー総合講座を受講しなければいけないというわけではありません。ただ、高齢者ケアストレスカウンセラー総合講座であれば必要なポイントをしっかりとおさえながら効率的に勉強を進めていくことができます。

 

高齢者ケアストレスカウンセラー総合講座を修了し、タイミングを見てケアストレスカウンセラーと高齢者ケアストレスカウンセラーの資格試験に申し込むようにしましょう。