ひきこもり支援相談士養成講座

ひきこもり支援相談士養成講座

メンタルケアトリプル講座

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケアWライセンス講座

 

 

メンタルケアカウンセラー、メンタルケア心理士、メンタルケア心理専門士の3つの資格を同時に目指す講座。

無料資料請求はこちら

 

 

メンタルケア心理士、准メンタルケア心理専門士、メンタルケア心理専門士の3つの資格を同時に目指す講座。

無料資料請求はこちら

 

 

メンタルケアカウンセラー、メンタルケア心理士の2つの資格を同時に目指す講座。カウンセリング実技実践付。

無料資料請求はこちら

 

 ひきこもり支援相談士養成講座とは何ぞや?

 

ひきこもりについては、テレビでもたびたび特集されるものです。近しい人にひきこもりになってしまった人がいるという方も多いのではないでしょうか?

 

ひきこもりというのは、表面化しにくい問題です。当事者が出てこないのはもちろんですが、ご家族が世間体を気にして存在しないものとして扱うということも少なくありません。

 

ただ、ひきこもりになってしまったのには確実に原因があります。原因があってひきこもりになっているのですから、やはりどのようなケースであっても支援は必要になってくるでしょう。

 

ひきこもり支援相談士養成講座では、ひきこもり当事者とそのご家族間だけではなく、第三者が寄り添うことによって支援をしていくことを学びます。また、ひきこもり回復への第一歩であるグループホームなどの中間施設に繋ぐ役割を持つ「ひきこもり支援相談士」の養成が目的でもあります。

 

ひきこもりが増えている今の時代だからこそ、「ひきこもり支援相談士」の育成は必要なことです。ボランティア活動はもちろん、相談員などの仕事としての支援といった形でさまざまなアプローチをしていくことが大切です。

 

 ひきこもり支援相談士養成講座で資格取得が目指せる

 

ひきこもり支援相談士養成講座を受講することによって、資格取得を目指すことができます。というのも、ひきこもり支援相談士養成講座のレポートに合格することによって、一般社団法人ひきこもり支援相談士認定協議会より「ひきこもり支援相談士認定証書」を取得することができるのです。

 

資格取得のために会場試験などを受ける必要はなく、あくまでもひきこもり支援相談士養成講座の流れでレポートに合格するだけでOKという部分が魅力にもなっています。しかも、取得した資格というのは履歴書に記載することもできるのです。

 

ひきこもりが増えている今の時代だからこそ、取得した後の資格もいろいろなところで生かすことができます。不登校やひきこもりへの理解が求められる教職員や学校関係者はもちろん、引きこもり地域支援センターなどのひきこもり支援関連施設での相談員やボランティア活動といったところでも活かせるでしょう。

 

ひきこもりに関しては、数が増えていく一方で支援が間に合っていない部分もあります。そういう意味では、受講し、資格を取得することによって社会の役に立てるとも言えるのではないでしょうか?