アニマル・ペットロス療法士講座

アニマル・ペットロス療法士講座

メンタルケアトリプル講座

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケアWライセンス講座

 

 

メンタルケアカウンセラー、メンタルケア心理士、メンタルケア心理専門士の3つの資格を同時に目指す講座。

無料資料請求はこちら

 

 

メンタルケア心理士、准メンタルケア心理専門士、メンタルケア心理専門士の3つの資格を同時に目指す講座。

無料資料請求はこちら

 

 

メンタルケアカウンセラー、メンタルケア心理士の2つの資格を同時に目指す講座。カウンセリング実技実践付。

無料資料請求はこちら

 

 アニマル・ペットロス療法士講座とは何ぞや?

 

かつてはペットというのはあくまでもペットでした。当たり前のことなのですが、今の時代はペットがペットの枠を超えて、もっと身近な存在になっているのです。

 

「ペットは家族」という表現を使う方が多いですが、実際にそうなっているのです。我が子のように、ときには恋人のように深く愛しているという方も多いでしょう。

 

ただ、その一方でペットと共に過ごす中で培われた愛情や愛着といったものが深ければ深いほど、失ったときのダメージも大きくなります。ペットを失ったときの悲しさや喪失感、空虚感といったものはそれこそ筆舌に尽くしがたいものでしょう。

 

これはいわゆるペットロス症候群というものになるのですが、このペットロス症候群を心理療法やカウンセリングによって改善していくというのがアニマル・ペットロス療法士の役割になります。アニマル・ペットロス療法士講座はペットロスに悩むクライアントに対して、相談や支援、そして心理療法でアプローチし、ペットロスから開放する専門療法者を養成するためのものです。

 

 アニマル・ペットロス療法士講座で資格取得が目指せる

 

アニマル・ペットロス療法士講座では、資格取得が目指せます。それも公的学会認定資格「アニマル・ペットロス療法士」を目指すことができるのです。

 

公的学会認定資格というのは、「日本学術会議」から指定を受けている学術研究団体、つまり公的学会が認定している資格のことを指します。メンタルケア学術学会が「日本学術会議協力学術団体」に指定されたことによって、アニマル・ペットロス療法士は「公的学会認定資格」として位置づけられるようになったのです。

 

アニマル・ペットロス療法士の受験資格は、ペットロス・ハートケアカウンセラー2級の合格者か、アニマル・ペットロス療法士講座の受講修了をした者となっています。毎年9月と3月に試験があるのですが、この試験というのが在宅試験になります。

 

つまり、一般的な会場試験ではありませんので、決められた日時に試験会場へ足を運ぶといった必要がないのです。リラックスできる自宅で試験を受けられるのは魅力的です。

 

試験内容に関しても、アニマル・ペットロス療法士講座を真面目に受講していた方であれば十分に合格を狙えるものです。アニマル・ペットロス療法士講座の受講から資格試験まで在宅でOKというのはありがたいです。