心理カウンセラーは稼げるのか徹底調査

メンタルケアトリプル講座

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケアWライセンス講座

 

 

メンタルケアカウンセラー、メンタルケア心理士、メンタルケア心理専門士の3つの資格を同時に目指す講座。

無料資料請求はこちら

 

 

メンタルケア心理士、准メンタルケア心理専門士、メンタルケア心理専門士の3つの資格を同時に目指す講座。

無料資料請求はこちら

 

 

メンタルケアカウンセラー、メンタルケア心理士の2つの資格を同時に目指す講座。カウンセリング実技実践付。

無料資料請求はこちら

 

子どもから高齢者まで、メンタルケアが欠かせなくなってきた現代。カウンセラーという仕事に興味をもった方も多いのではないでしょうか。
カウンセラーとして働くなら、たくさんの相談者を呼びたいですし、長く働いていきたいですよね。
そのためには、ある程度稼がないといけません。
心理カウンセラーはどのぐらい稼げるのか、徹底調査しました。

 

どこで働くかによって変わる

カウンセラーが働いている場はさまざま。病院、学校など教育機関や福祉機関、司法・矯正施設、大学、民間企業など。
働いている先の給与によってかわります。
カウンセラーの多くは、非正規で雇われており、時給で給与が決まっていることも。
各場所で働くカウンセラーの給与、平均月収などを見ていきましょう。

 

学校で働く場合は平均年収200万〜400万ほど

不登校やいじめ、保護者のカウンセリングなど学校問題に対応します。
スクールカウンセラーの多くは時給制。
時間制や、カウンセリングの回数にたいして給与が支払われます。
時給は高めで3000〜5000円ほどが相場。
時給設定は高いですが、安定はしていないので、働き方によって給与に差が生じます。
週に1回からの勤務ができるため、学校をかけもちするカウンセラーもいます。

 

病院で働くなら平均年収300万〜500万円ほど

おもに精神科に勤めることになります。
常勤として働いているカウンセラーもいますが、それほど多くないのが現状。
非常勤として働くなら、時給は1500円から2000円ほどが相場です。
経験や病院の規模によっても大きく変わります。

 

企業で働く場合は平均年収300万〜400万円ほど

常勤で働くなら、会社にあわせて給与が支払われます。ボーナスや休暇制度などあり、安定した働き方でしょう。

 

一般社員と給与が変わらないこともありますが、年数や会社規模、大企業の人事部などに昇格すると高収入になる可能性があります。
非常勤の場合は、週に何回、月に何回か回数を決めて、企業と雇用契約を結ぶといったかたちです。

 

全体の平均月収は150万〜500万円ほど

働き方、働いている先の給与・ボーナスで大きく異なります。
副業として働いていたり、就職先に恵まれないと月収200万円以下になることがあります。
心理系の資格をもっているかどうかでも分かれますよ。
臨床心理士といった評価の高い心理系資格であれば、比較的、安定した収入が望めます。

 

心理カウンセラーとして稼ぐには?

資格をもっていないと稼ぐのはむずかしいのでしょうか。
まず資格を何ももっていないと、カウンセリング業務に就くことはほぼできません。企業も相談者も「資格」といった証明がないと、安心してお願いできませんよね。
なにか心理系の資格をもっているなら、臨床心理士より稼げる可能性が残っています。その方法をご紹介します。

 

独立開業をする

企業の給与体系にとらわれず、自分で料金や給与が決められるので、大きな収入を得られる可能性があります。
最初は相談者を呼びこむために、無料カウンセリングなどをしなくてはいけないでしょう。
そしてカウンセリングを実施したという実績を公開したり、その相談者が再びカウンセリングをお願いすることになればチャンスです。
長くかかるかもしれませんが、評判が人を呼び、活躍できるでしょう。

 

資格を取得しよう

「カウンセリング」としてお願いするなら、相談者は資格をもっているカウンセラーを選ぶでしょう。
無資格でいいなら、知恵袋のようなサービスに書き込めばいいのですから。

 

心理系の資格は、社会的に信用度が高いものを選びましょう。
臨床心理士のほかにもあります。
メンタルケア学術学会という公的学会が認める「メンタルケアカウンセラー」や「メンタルケア心理士」などの資格です。履歴書に書くこともできますよ。

 

その上級資格「メンタルケア心理専門士」の資格をとれば、さらに相談者の信頼や安心を得ることができるでしょう。
もちろん資格取得のために身につけた知識やスキルを生かせます。
的確なカウンセリングに、評判が人を呼び、売上がアップすることも期待できますよ。

 

資格取得はヒューマンアカデミー たのまな がおすすめ!

メンタルケアカウンセラーやメンタルケア心理士の資格、どこで取得しようか迷っているなら、ヒューマンアカデミー たのまなを利用しましょう。
たのまなは、メンタルケア学術学会が定める通信講座です。

 

心理学のプロの講義を聞いて学べる

臨床心理士など心理学の専門家が監修、講義DVDでは講師をしています。
心理学のプロによる学習なので、正確な知識とスキルを身につけたことにもなりますね。
実際に顧客を相手にするなら、「正しさ」は欠かせない要素ではないでしょうか。

 

講師によるフォローが手厚い

たのまなは何度でも質問ができます。わからないところがそのままになりません。
知識やスキルをしっかり身につけることができるでしょう。

 

時間を節約できる

メンタルケア心理士講座は「e−ランニング」というコースがあります。
DVD講義を5分形式の短い動画にまとめたものです。
スマホ、パソコンどちらでも観られるので、スキマ時間に学習できます。
また、たのまな講座は1日短時間の学習でできるように作成されています。
企業で働きながら、または試験的に無料カウンセリングをおこないながら、「知識とスキル」「証明」を2つを手に入れられます。

 

まとめ

心理カウンセラーは働き方や就職先によって給与が大きく変わります。全体的な平均年収は150万〜500万円ほど。
もっと稼ぐためには、独立開業の道があります。ただ資格をもっていないと集客は見込めません。
知識やスキルを身につけて、的確なカウンセリングをおこなうためにも、顧客を呼ぶためにも、「ヒューマンアカデミー たのまな」で心理カウンセラー資格の取得を目指しましょう。