心理カウンセラーが開業するには?

メンタルケアトリプル講座

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケアWライセンス講座

 

 

メンタルケアカウンセラー、メンタルケア心理士、メンタルケア心理専門士の3つの資格を同時に目指す講座。

無料資料請求はこちら

 

 

メンタルケア心理士、准メンタルケア心理専門士、メンタルケア心理専門士の3つの資格を同時に目指す講座。

無料資料請求はこちら

 

 

メンタルケアカウンセラー、メンタルケア心理士の2つの資格を同時に目指す講座。カウンセリング実技実践付。

無料資料請求はこちら

 

心理カウンセラーが開業するには「開業届」と「青色申告申請書」を提出すれば開業となります。特別な審査などはありません。
開業して成功し、企業勤め以上の収入を得られるカウンセラーもいます。けれど、開業したカウンセラーの多くが廃業に。
どうしてこのような差が生まれてしまうのでしょうか。
心理カウンセラーが開業するのに必要なこと、開業のポイントなどを解説します。

 

資格をもっていることがスタート

資格をもっていなくても心理カウンセラーとして活動できますが、資格をもっているのともっていないのでは大違いです。
広告で○○の有資格者と書かれている人、何も書いていない人では、どちらにカウンセリングをお願いしたいと思うでしょうか。
有資格者ですよね。
心理カウンセラーの開業を目指すためには、資格取得がスタートとなります。

 

経験を積む

多くの人の失敗は、資格をとった、さっそく開業だとしてしまうことです。
経験・実績なしでは人が集まりません。またカウンセリングは教科書通りにいかないことのほうが多く、同じような悩みでもカウンセリングのし方が人それぞれちがいます。そういった感覚を養うためには経験が大切です。
経験が少ないなかで相談者が来たとしても、満足してもらうカウンセリングはむずかしいでしょう。
そのため、資格をとって経験を積むという流れが欠かせません。
最初はモニターといったかたちで無料や格安でカウンセリングをおこなったり、企業でカウンセリング業務に就いたりして、経験と人脈をつくりましょう。

 

オンライン相談室がオススメ

開業届を出すと、機能性も価格も高いホームページの作成や、オフィスを構えるなど勧誘されることがあります。
この通りに初期投資を増やすと、失敗したときのリスクが大きくなります。
駆け出し心理カウンセラーの場合は、初期投資をへらし、人が集まるごとにホームページや広告の機能性アップなどを考えたほうが賢明です。
そこでオススメするのが、ネット上で相談室を開くことです。
オンライン通話でカウンセリングをおこなったり、メールカウンセリングという手もあります。業者に依頼するほどホームページにお金をかけなくても、無料ブログ開設サイトを利用したり、SNSをつかって集客することもできます。
初期投資を最低限にして、顧客をつかんだり、経験を積みましょう。

 

心理カウンセラーが開業するのに必要な資格は?

資格は開業して成功するまでのスタート地点。
どのような資格をもっているかはとても重要です。

 

臨床心理士や公認心理師

臨床心理士など資格をもっていれば、確かな知識とスキルの証明になります。
企業勤めできる場所が多くなるので、十分な経験を得られるのにもよい資格です。
ただ、この資格を取得するには厳しい条件や試験があります。
日本臨床心理士認定協会が指定する大学院の修了など、とても時間とお金がかかります。
これだけ厳しい条件に関わらず、開業して成功しているカウンセラーすべてが、臨床心理士などの資格をもっているわけではありません。

 

メンタルケア心理士など

臨床心理士以外にも、開業するうえで役立つ資格があります。
「メンタルケア心理士」や「メンタルケア心理専門士」資格です。
これらはメンタルケア学術学会という公的学会や各団体が認めています。
社会的に信頼度が高い資格なので、履歴書に書くこともできますよ。

 

メンタルケア心理士などは学歴を問われません。条件もそれほど厳しいものではありません。
この資格をお金・時間を節約して取得するには、メンタルケア学術学会が指定する通信講座を修了し、試験に合格することです。

 

ヒューマンアカデミー たのまなで資格を取得しよう

ヒューマンアカデミー たのまなは、メンタルケア学術学会が指定する通信講座です。
心理系の資格をとった人はこの講座を利用したという方が多いです。
ヒューマンアカデミー たのまながたくさんの人に選ばれる理由をご紹介します。

 

学習内容、講義は心理学のプロが担当

臨床心理士など心理学のプロが学習内容を監修。
講義を収録したDVDでは、臨床心理士が講師をしています。
通信講座でも、レベルが高い、確かな知識とスキルが学べます。

 

公式テキストで学習できる

メンタルケア心理士などの試験は難易度が高くなっています。
たのまな講座は試験の主催団体が発行している公式テキストを使って学習するので、効率の良い試験対策ができ、合格に近づきます。

 

実技に備えられる

心理系の資格のなかで上級とされるメンタルケア心理専門士の資格。
この資格の取得には実技試験をクリアしないといけません。
そこで、たのまなでは実践力が身につくプログラムも用意されています。
「実技実践プログラム」です。実際にプロのカウンセラーがカウンセリングしている様子を見たり、相談に多い事例のカウンセリング方法を学んだりします。
試験対策だけでなく、カウンセリング経験がないという人も学ぶべきですね。

 

講師によるフォローが手厚い

たのまな講座は何度でも質問ができます。わからないところがそのままになりません。
また各章ごとに添削問題があり、間違っているところはプロの講師が解説付きで返送。
問題が解決した、納得できたという声が多く挙がっています。

 

1日短時間の学習でできる

講座は1日短時間の学習で終わることができるように作成されています。
メンタルケア心理士に向けた講座には「e−ランニング」というコースもあります。
DVD講義すべてを5分形式の短い動画にいくつもまとめたものです。
スマホ、パソコンどちらでも観られるので、通勤時間やスキマ時間に学習できますよ。
空いた時間で無料カウンセリングをしてみたり、経験を積むことも可能です。

 

「時間もお金も節約して、心理カウンセラー開業を目指したい」
なら、ヒューマンアカデミー たのまなを利用しましょう。

 

まとめ

心理カウンセラーとして開業するには「資格」や「経験」などが重要です。
メンタルケア心理士やメンタルケア心理専門士は誰でも目指せる、お金も時間も節約して取得できる資格です。
履歴書に書くこともできるので、開業する前の経験づくりとしてカウンセリング業務に就くときも有利に働きますよ。
この資格を取得するなら、とくにレベルの高い、確かな知識とスキルを学べる通信講座「ヒューマンアカデミー たのまな」がおすすめです。心理カウンセラー開業への一歩を大きく踏み出しましょう。