メンタルケア心理士資格

メンタルケア心理士資格

メンタルケアトリプル講座

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケアWライセンス講座

 

 

メンタルケアカウンセラー、メンタルケア心理士、メンタルケア心理専門士の3つの資格を同時に目指す講座。

無料資料請求はこちら

 

 

メンタルケア心理士、准メンタルケア心理専門士、メンタルケア心理専門士の3つの資格を同時に目指す講座。

無料資料請求はこちら

 

 

メンタルケアカウンセラー、メンタルケア心理士の2つの資格を同時に目指す講座。カウンセリング実技実践付。

無料資料請求はこちら

 

 メンタルケア心理士資格は信頼性が高い

 

心理系の資格の中にもいろいろなものがありますが、その中でもメンタルケア心理士資格というのは信頼性の高いものとして知られています。というのも、メンタルケア心理士資格はトリプル認定を受けている資格なのです

 

メンタルケア心理士資格は、日本学術会議協力学術研究団体 メンタルケア学術学会、一般財団法人 生涯学習開発財団、一般財団法人 ヘルスケア産業推進財団という3つの団体から認定を受けているのです。それぞれの団体も確固たる信頼性を持っていますので、まさにお墨付きといっていいでしょう。

 

メンタルケア心理士に限ったことではないのですが、心理系の資格というのはどこから認定を受けているのかという部分が重要になってきます。それが資格としての信頼性につながってくるからです。

 

メンタルケア心理士を含めた心理系の資格というのは、やはりその資格を活かして心のケアに従事するということを前提にしている部分があります。資格を取得している方は心をケアする側になるわけですが、心をケアされる側というのは「この人で大丈夫なのだろうか……」という不安を抱くものです。そこで資格の信頼性というものが不安を解消してくれるという部分もあるのです。

 

 メンタルケア心理士資格の活かし方は無限大!

 

メンタルケア心理士資格は、先でもお話ししましたようにトリプル認定を受けており、その信頼性というのはかなり高いものとなっています。だからこそ、資格を取得した後の活かし方も無限大なのです。

 

メンタルケア心理士資格を取得する方の多くは、心理カウンセラーのための資格として考えています。実際に心理カウンセラーになるならメンタルケア心理士資格は取得しておくべきという話もありますので、心理カウンセラーとして働こうと思っている方にとっても大いに役立ってくれることでしょう。

 

また、心理カウンセラー以外の仕事でも活かしていくことができます。アドバイザーや指導者としての仕事にも活かせるでしょうし、心理とはまったく関係のない仕事でも活かしていくことができるかと思います。

 

場合によってはメンタルケア心理士資格を取得することによってお給料アップや収入アップにつながることもあるでしょう。それにメンタルケア心理士資格取得にあたって身につけた知識やスキルというのは、一生ものです。どこでどのような形で働くにしても、プラスになるでしょう。