メンタルケア心理士 臨床心理士

メンタルケア心理士は臨床心理士に比べたら簡単に取得できる

メンタルケアトリプル講座

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケアWライセンス講座

 

 

メンタルケアカウンセラー、メンタルケア心理士、メンタルケア心理専門士の3つの資格を同時に目指す講座。

無料資料請求はこちら

 

 

メンタルケア心理士、准メンタルケア心理専門士、メンタルケア心理専門士の3つの資格を同時に目指す講座。

無料資料請求はこちら

 

 

メンタルケアカウンセラー、メンタルケア心理士の2つの資格を同時に目指す講座。カウンセリング実技実践付。

無料資料請求はこちら

 

 臨床心理士になるのは難しい!

 

心理系の資格の中にもいろいろなものがありますが、その中でも最高峰で最難関と言われているのが臨床心理士の資格です。心理学を勉強している方であれば、一度くらいは見聞きしたことがあるでしょう。

 

臨床心理士というのは、臨床心理士の資格試験に合格することが必須条件となってきます。「試験に合格するだけでいいんだ!」と思う方もいるかもしれませんが、その資格試験に設けられている受験資格というものが結構ハードなのです。

 

臨床心理士の資格試験における受験資格としては、「指定大学院(1種・2種)を修了し、所定の条件を充足している者」「臨床心理士養成に関する専門職大学院を修了した者」「諸外国で指定大学院と同等以上の教育歴があり、修了後の日本国内における心理臨床経験2年以上を有する者」「医師免許取得者で、取得後、心理臨床経験2年以上を有する者」などが挙げられます。ざっと見ただけでも、難しいのがおわかりになるかと思います。

 

臨床心理士の資格試験を受けるためには、最低でも大学院を修了していなければいけないのです。受験資格を満たすために年単位の期間がかかりますし、資格試験も簡単なものではありません。最高峰、最難関というのは、伊達ではありません。

 

 メンタルケア心理士は簡単に取得できる

 

先では最高峰、最難関と言われる臨床心理士が伊達ではないという話をしたのですが、メンタルケア心理士はやはり臨床心理士と比べると取得しやすい資格になります。きちんと信頼性のある資格でもありますので、臨床心理士を諦めざるを得ないような方はメンタルケア心理士を目指してみるといいかもしれません。

 

メンタルケア心理士の場合、もともと認定心理士や産業カウンセラーの資格を持っている方、指定の大学の学部や学科を卒業している方であれば、こころ検定2級に合格し、その後、メンタルケア心理士の資格取得のための申請をおこなえばOKです。こころ検定2級は誰でも受検できるようになっています。

 

認定心理士や産業カウンセラーの資格を持っていない方、指定の大学の学部や学科を卒業していないという方でも、メンタルケア心理士講座を受講し、修了すればOKです。その上で、こころ検定2級に合格すればメンタルケア心理士の資格取得のための申請をおこなうことができます。臨床心理士に比べれば短期間で資格取得を目指せます。