メンタルケア心理士 男性

メンタルケア心理士 男性の受験者も多い

メンタルケアトリプル講座

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケアWライセンス講座

 

 

メンタルケアカウンセラー、メンタルケア心理士、メンタルケア心理専門士の3つの資格を同時に目指す講座。

無料資料請求はこちら

 

 

メンタルケア心理士、准メンタルケア心理専門士、メンタルケア心理専門士の3つの資格を同時に目指す講座。

無料資料請求はこちら

 

 

メンタルケアカウンセラー、メンタルケア心理士の2つの資格を同時に目指す講座。カウンセリング実技実践付。

無料資料請求はこちら

 

 メンタルケア心理士の資格取得を目指す男性は意外に多い!

 

メンタルケア心理士においては、男性の受験者も多く見られます。つまり、それあけでメンタルケア心理士の資格取得を目指している男性が多いのです。

 

メンタルケア心理士において、男性の受験者も多いということに対して意外に思われる方もいるかもしれません。というのも、メンタルケア心理士のような心理系の資格というと女性が多く目指すものというイメージがあるからです。

 

実際に、心理系の資格試験の会場や講座、セミナーなどの会場は、男性よりも女性のほうが多い傾向にあります。心理カウンセラーといったときに、女性カウンセラーを思い浮かべる方も多いでしょう。

 

もともと女性というのは、人と接することにおいては男性よりも有利な部分があります。例えば、電話営業でも男性より女性のほうが話を聞いてもらえる可能性が高いと言われています。

 

要は、女性のほうが心理系の資格を活かしやすい部分があったのかもしれません。しかしながら、メンタルケア心理士の資格というのは心理系の資格でありながら、心理カウンセラー以外でも本当にさまざまなシーンで活かすことができます。だからこそ、自然と男性の受験者も多くなっているのかもしれません

 

 男性がメンタルケア心理士の資格を取得するメリット

 

先でもお話ししましたように、メンタルケア心理士においては男性の受験者も多い傾向にあります。やはり男性にとって、メンタルケア心理士の資格を取得するメリットがあるからこそ受験者も多くなっているのでしょう。

 

まず、男性がメンタルケア心理士の資格を取得すると男性からのカウンセリング依頼というものに対応しやすくなります。女性カウンセラーには話せないような内容であっても、同性の男性カウンセラーであれば話すことができるという方も多いのです。そういった相談者の受け皿になることができるのです。

 

また、男性の場合には心理カウンセラーとしてだけではなく、指導者としてのスキルとして活かしていくことができます。どのような業界でも部下の指導というのは必要になってくるものです。

 

実際に部下の指導で活かすため、部下のメンタルというものを意識するため、部下との関係を良好に保つためにメンタルケア心理士の資格取得を目指す方も少なくありません。働いている男性にとっては、このように職場でメンタルケア心理士の資格を活かせる部分もあるのです。