メンタルケア心理士 過去問

メンタルケア心理士 過去問

メンタルケアトリプル講座

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケアWライセンス講座

 

 

メンタルケアカウンセラー、メンタルケア心理士、メンタルケア心理専門士の3つの資格を同時に目指す講座。

無料資料請求はこちら

 

 

メンタルケア心理士、准メンタルケア心理専門士、メンタルケア心理専門士の3つの資格を同時に目指す講座。

無料資料請求はこちら

 

 

メンタルケアカウンセラー、メンタルケア心理士の2つの資格を同時に目指す講座。カウンセリング実技実践付。

無料資料請求はこちら

 

 メンタルケア心理士の過去問はあるけども……

 

メンタルケア心理士の資格取得に興味を持っている方も多いでしょう。資格取得のためには、試験に合格しなければいけないのですが、そこで気になってくるのが過去問の存在です。過去問を入手して、対策をおこなっていきたいという方も多いかと思います。

 

メンタルケア心理士の過去問というのは、あるにはあります。日本学術会議協力学術研究団体 メンタルケア学術学会認定 メンタルケア心理士認定試験 出題傾向対策問題集 解答・解説つきというものが過去問に相当するのですが、正直なところ、今の試験には役立たないかと思います。

 

というのも、過去問に相当する上記の問題集というのは、前のメンタルケア心理士の資格試験のための問題集なのです。現在、メンタルケア心理士の資格試験に相当するのはこころ検定2級というものですので、今からメンタルケア心理士の資格取得を目指すのであればこころ検定2級の対策をしなければいけないのです。

 

メンタルケア心理士の過去問に相当するものはあるものの、基本的に入手するのであれば中古になってしまいますし、現在のこころ検定2級のためにはならないと考えたほうがいいでしょう。念には念を入れて……ということであれば構いませんが、無理をして入手してもそれだけのリターンがあるかは微妙なところです。

 

 過去問よりもメンタルケア心理士講座での勉強を一生懸命に!

 

メンタルケア心理士の資格を取得するためには、こころ検定2級に合格しなければいけません。認定心理士や産業カウンセラーの資格を持っている方、指定の大学の学部や学科を卒業している方であればそれだけでいいのですが、それ以外の方はメンタルケア心理士講座を受講し、修了しなければいけません。

 

おそらくメンタルケア心理士の資格取得を目指す方の多くがメンタルケア心理士講座を受講することになるのですが、過去問がなくともメンタルケア心理士講座での勉強を一生懸命に頑張れば問題はありません。

 

もともと過去問というのは、あくまでもその傾向を知るためのものです。メンタルケア心理士に関しては、資格取得までの流れや試験の形式なども変わっていますので、過去問というのはそこまで意味を持たないと考えていいでしょう。それよりは、メンタルケア心理士講座を受講して、そこでの勉強を一生懸命に頑張ることのほうが意義があると言えるのではないでしょうか?