メンタルケア心理士 費用感

メンタルケア心理士 独学、通学、通信講座の費用感

メンタルケアトリプル講座

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケアWライセンス講座

 

 

メンタルケアカウンセラー、メンタルケア心理士、メンタルケア心理専門士の3つの資格を同時に目指す講座。

無料資料請求はこちら

 

 

メンタルケア心理士、准メンタルケア心理専門士、メンタルケア心理専門士の3つの資格を同時に目指す講座。

無料資料請求はこちら

 

 

メンタルケアカウンセラー、メンタルケア心理士の2つの資格を同時に目指す講座。カウンセリング実技実践付。

無料資料請求はこちら

 

 独学の場合

 

メンタルケア心理士の費用感ということなのですが、独学の場合にはやはり自分でテキストとなる本を買いそろえる必要があります。メンタルケア心理士の資格を取得する上で勉強する範囲というのは思っている以上に広いものです。

 

心理学系の本だけをそろえればいいというわけではありませんし、精神医学などの本も必要になってくるでしょう。このあたりのジャンルの書籍というのはお高いものが多いです。

 

必要なものだけをそろえようと思っても、やはり数万円単位でお金がかかるかと思います。あとから「あれも必要」「これも必要」と費用が膨れ上がってしまう可能性が高いです。

 

 通学の場合

 

通学する場合、メンタルケア心理士講座を受講することになるのですが、講座費用だけとは限りません。というのも、通学することになりますので、交通費が発生してくる可能性が高いのです。

 

どの程度の頻度で通学することになるのか、どれくらいの距離を移動することになるのか、何で移動するのかによっても違ってくるのですが、何事においても交通費というのは思っている以上にかかってしまうものです。定期などを購入すれば、長い目で見ればお得かもしれませんが、それだけで数万円飛んで行くことも珍しくありません。

 

もちろん、通学する場所が自宅のすぐ近くということであれば、徒歩で行けることもあるかもしれません。ただ、メンタルケア心理士講座を受講するにあたってはやはり通学できる場所が限られてしまうのです。交通費がかかることは覚悟しておいたほうがいいでしょう。

 

 通信講座の場合

 

メンタルケア心理士講座を通信講座で受講する場合、基本的に必要となってくるのは通信講座の費用のみです。ただ、通信講座にもいろいろなものがありますので、どの講座を選ぶのかによっても費用は違ってきます。

 

講座の種類によって費用が違ってくるものの、基本的に後から追加費用が発生するといったこともありません。通信講座の場合には、交通費などもかかりませんので、本当に講座の費用だけと考えていいでしょう。

 

メンタルケア心理士の資格取得を目指すには上記にようにいろいろな方法がありますが、費用感が一番わかりやすいのはやはり通信講座でしょう。もちろん、人によってメンタルケア心理士を目指しやすい方法というのはそれぞれ違ってくるかとは思いますが、費用感もある程度は考えておきたいものです。