メンタルケア心理士 受験資格

メンタルケア心理士 受験資格

メンタルケアトリプル講座

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケアWライセンス講座

 

 

メンタルケアカウンセラー、メンタルケア心理士、メンタルケア心理専門士の3つの資格を同時に目指す講座。

無料資料請求はこちら

 

 

メンタルケア心理士、准メンタルケア心理専門士、メンタルケア心理専門士の3つの資格を同時に目指す講座。

無料資料請求はこちら

 

 

メンタルケアカウンセラー、メンタルケア心理士の2つの資格を同時に目指す講座。カウンセリング実技実践付。

無料資料請求はこちら

 

 メンタルケア心理士の認定申請資格について

 

メンタルケア心理士の資格取得を目指すにあたって、気になってくるのが受験資格です。メンタルケア心理士に関してはちょっと複雑な部分があるのですが、受験資格の前に認定申請資格というものを確認しなければいけません。

 

認定申請資格というのは、文字通り、メンタルケア心理士として認定してもらうために必要となってくる資格です。いくつかあるのですが、ここで大前提になってくるのはこころ検定2級に合格することです。

 

こころ検定2級というのは、メンタルケア心理士試験に相当するものと考えていいでしょう。こころ検定2級の受験資格は誰でもOKということになっています。

 

つまり、メンタルケア心理士の資格を取得するためには、まずはこのこころ検定2級への合格というものを目指していかなければいけないのです。もちろん、こころ検定2級への合格以外にもいくつかの条件があります。それは次でご紹介していきたいと思います。

 

 こころ検定2級合格以外の条件

 

先でもお話ししましたように、メンタルケア心理士の資格取得を目指すのであれば、大前提としてこころ検定2級に合格しなければいけません。こころ検定2級への合格というのは、申請必須条件となっています。

 

申請必須条件であるこころ検定2級への合格だけではなく、他の条件も満たしておかないとメンタルケア心理士の資格を取得することはできません。そのひとつがメンタルケア心理士講座を受講し、修了することです。この場合にはメンタルケア心理士講座を修了し、その後、こころ検定2級に合格し、メンタルケア心理士の資格取得の申請をおこなうという流れになるかと思います。

 

ただ、もし認定心理士の資格を持っている方や産業カウンセラーの資格を持っている方、指定の大学の学部や学科を卒業している方であれば、こころ検定2級への合格のみでメンタルケア心理士の資格取得の申請をおこなうことができます。

 

ちなみに、大学卒業者に関しては「メンタルケア学術学会が定める『学士・修士申請規定』を満たし、文部科学省の定める4年制大学心理学部、学科または心理隣接学部、学科卒業者で証明できる者」となっています。やはり人によってどのような形でメンタルケア心理士の資格取得を目指していくのかは違ってきますので、受験資格の前にこの認定申請資格についてはしっかりと把握をしておきたいものです。

メンタルケア心理士 受験資格

メンタルケアトリプル講座

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケアWライセンス講座

 

 

メンタルケアカウンセラー、メンタルケア心理士、メンタルケア心理専門士の3つの資格を同時に目指す講座。

無料資料請求はこちら

 

 

メンタルケア心理士、准メンタルケア心理専門士、メンタルケア心理専門士の3つの資格を同時に目指す講座。

無料資料請求はこちら

 

 

メンタルケアカウンセラー、メンタルケア心理士の2つの資格を同時に目指す講座。カウンセリング実技実践付。

無料資料請求はこちら

 

 メンタルケア心理士の認定申請資格について

 

メンタルケア心理士の資格取得を目指すにあたって、気になってくるのが受験資格です。メンタルケア心理士に関してはちょっと複雑な部分があるのですが、受験資格の前に認定申請資格というものを確認しなければいけません。

 

認定申請資格というのは、文字通り、メンタルケア心理士として認定してもらうために必要となってくる資格です。いくつかあるのですが、ここで大前提になってくるのはこころ検定2級に合格することです。

 

こころ検定2級というのは、メンタルケア心理士試験に相当するものと考えていいでしょう。こころ検定2級の受験資格は誰でもOKということになっています。

 

つまり、メンタルケア心理士の資格を取得するためには、まずはこのこころ検定2級への合格というものを目指していかなければいけないのです。もちろん、こころ検定2級への合格以外にもいくつかの条件があります。それは次でご紹介していきたいと思います。

 

 こころ検定2級合格以外の条件

 

先でもお話ししましたように、メンタルケア心理士の資格取得を目指すのであれば、大前提としてこころ検定2級に合格しなければいけません。こころ検定2級への合格というのは、申請必須条件となっています。

 

申請必須条件であるこころ検定2級への合格だけではなく、他の条件も満たしておかないとメンタルケア心理士の資格を取得することはできません。そのひとつがメンタルケア心理士講座を受講し、修了することです。この場合にはメンタルケア心理士講座を修了し、その後、こころ検定2級に合格し、メンタルケア心理士の資格取得の申請をおこなうという流れになるかと思います。

 

ただ、もし認定心理士の資格を持っている方や産業カウンセラーの資格を持っている方、指定の大学の学部や学科を卒業している方であれば、こころ検定2級への合格のみでメンタルケア心理士の資格取得の申請をおこなうことができます。

 

ちなみに、大学卒業者に関しては「メンタルケア学術学会が定める『学士・修士申請規定』を満たし、文部科学省の定める4年制大学心理学部、学科または心理隣接学部、学科卒業者で証明できる者」となっています。やはり人によってどのような形でメンタルケア心理士の資格取得を目指していくのかは違ってきますので、受験資格の前にこの認定申請資格についてはしっかりと把握をしておきたいものです。