メンタルケア心理士と上級心理カウンセラー

メンタルケア心理士と上級心理カウンセラーは別の資格

メンタルケアトリプル講座

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケアWライセンス講座

 

 

メンタルケアカウンセラー、メンタルケア心理士、メンタルケア心理専門士の3つの資格を同時に目指す講座。

無料資料請求はこちら

 

 

メンタルケア心理士、准メンタルケア心理専門士、メンタルケア心理専門士の3つの資格を同時に目指す講座。

無料資料請求はこちら

 

 

メンタルケアカウンセラー、メンタルケア心理士の2つの資格を同時に目指す講座。カウンセリング実技実践付。

無料資料請求はこちら

 

 メンタルケア心理士とは?

 

メンタルケア心理士と上級心理カウンセラーは別の資格ということなのですが、まずはメンタルケア心理士がどのような資格なのかについてお話ししていきたいと思います。メンタルケア心理士というのは、メンタルケアの専門家として活躍していくための資格になります。

 

メンタルケア心理士の認定申請資格においては、こころ検定2級合格というのが申請必須条件となってきます。認定心理士や産業カウンセラーの資格を持っている方、指定の大学の学部・学科を卒業した方でればこころ検定2級に合格するだけでいいのですが、それ以外の方はメンタルケア心理士講座を受講し、修了する必要があります。

 

また、メンタルケア心理士というのはトリプル認定がひとつの特長になっています。日本学術会議協力学術研究団体メンタルケア学術学会、一般財団法人 生涯学習開発財団、一般財団法人 ヘルスケア産業推進財団という3つの団体から認定を受けているのです。

 

 上級心理カウンセラーとは?

 

上級心理カウンセラーというのは、さまざまな心理療法技術と高いカウンセリング能力を証明する資格になります。実際に、資格取得までにはさまざまな心理療法について学ぶことができます。

 

上級心理カウンセラーになるためには、一般財団法人 日本能力開発推進協会が指定する認定教育機関などがおこなう教育訓練において、そのすべてのカリキュラムを修了しなければいけません。カリキュラムの修了後、随時、在宅にて受験をし、それに合格すれば上級心理カウンセラーとなります。

 

上級心理カウンセラーを認定しているのは、先でも登場した一般財団法人 日本能力開発推進協会というところになります。教養を高め、職業実務能力の向上と資格取得を支援している協会になります。

 

上級心理カウンセラーというのは、大まかな分類で見ればメンタルケア心理士と同じ心理系の資格になります。しかしながら、資格取得にあたって勉強する内容も違えば、身につけられるものも違ってきます。

 

他にも受験資格やどこから認定を受けているのかといったところも違ってきます。心理系の資格というのは混同されやすいところがあるのですが、メンタルケア心理士と上級心理カウンセラーは同じ心理系の資格であってもその本質はまったくの別物であるということを忘れないようにしておきましょう。特に心理系の資格は多いため、混同しやすいのです。