難易度が高くなる前に こころ検定2級

将来難易度が高くなる前に!こころ検定2級を目指そう

メンタルケアトリプル講座

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケアWライセンス講座

 

 

メンタルケアカウンセラー、メンタルケア心理士、メンタルケア心理専門士の3つの資格を同時に目指す講座。

無料資料請求はこちら

 

 

メンタルケア心理士、准メンタルケア心理専門士、メンタルケア心理専門士の3つの資格を同時に目指す講座。

無料資料請求はこちら

 

 

メンタルケアカウンセラー、メンタルケア心理士の2つの資格を同時に目指す講座。カウンセリング実技実践付。

無料資料請求はこちら

 

 こころ検定2級はメンタルケア心理士の資格試験に相当するもの

 

こころ検定には4級、3級、2級、1級という4つのレベルがあるのですが、その中でもこころ検定2級というのはメンタルケア心理士の資格試験に相当するものです。つまり、メンタルケア心理士の資格取得を目指す方であれば、まずはこのこころ検定2級をクリアしなければいけないのです。

 

このメンタルケア心理士という資格は、心理カウンセラーとして活動するのであれば是非取得しておきたい資格であると言われています。というのも、心理カウンセラーというのは人の心を預かる仕事でもあります。

 

人の心を預かる仕事だからこそ、「この人になら任せられる」と思ってもらわなければいけません。要は、信頼や信用を得られるようにしなければいけないのです。

 

そこでひとつの目安になってくるのが心理カウンセラーが保有している資格です。メンタルケア心理士であれば、心理カウンセラーとして必要な知識やスキルを保有しているということを証明することができるのです。

 

心理カウンセラーはもちろん、心理方面で活動したいと思っている方であればまずはこころ検定2級に合格する必要があると言えるでしょう。

 

 将来的に難易度が高くなる可能性がある

 

こころ検定4級と3級は難易度が低いのに対して、こころ検定2級からはぐっと難易度が上がってきます。現時点でもそれなりの難易度がありますので、ちょっと心理学をかじった程度では合格できないでしょう。

 

ただ、こころ検定はつい最近になって名称が変わったばかりです。実はこういったタイミングというのは、ひとつのチャンスでもあるのです。

 

新しい資格試験や検定というのは、最初のうちは変な言い方になってしまいますが様子を見るといった部分があるのです。いきなり難易度を激しく高くしてしまうと合格者が極端に少ない状態になってしまいますので、合格者を出すためにもややハードルを低くしておくものなのです。

 

様子を見て、その後に難易度を改めて調整していくという感じです。つまり、名称が変更となり新しく登場したばかりのこころ検定2級に関しても今は様子見である可能性が高いのです。

 

今後、こころ検定2級の難易度が高くなる可能性というのは十分にあります。だからこそ、難易度が高くなってしまう前に、こころ検定2級を目指しておきたいのです。まさに今がチャンスなのです。