メンタルケアカウンセラー こころ検定

メンタルケアカウンセラーはこころ検定に移行されていない

メンタルケアトリプル講座

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケアWライセンス講座

 

 

メンタルケアカウンセラー、メンタルケア心理士、メンタルケア心理専門士の3つの資格を同時に目指す講座。

無料資料請求はこちら

 

 

メンタルケア心理士、准メンタルケア心理専門士、メンタルケア心理専門士の3つの資格を同時に目指す講座。

無料資料請求はこちら

 

 

メンタルケアカウンセラー、メンタルケア心理士の2つの資格を同時に目指す講座。カウンセリング実技実践付。

無料資料請求はこちら

 

 メンタルケアカウンセラーとは?

 

メンタルケアカウンセラーというのは、生活全般に広く活用できる知識が身につき、自分のメンタルコントロールだけではなく、コミュニケーションの円滑化やメンタルケアの支援に役立てることのできるものです。心理系の資格としては、入門編といった位置づけになっています。

 

ただ、入門編といっても公的学会認定資格となっています。公的学会認定資格というのは「日本学術会議」から指定を受けている学術研究団体、つまり公的学会が認定する資格のことです。メンタルケア学術学会が「日本学術会議協力学術団体」に指定されたことによってメンタルケアカウンセラーは公的学会認定資格として位置づけられており、第三者評価機関である生涯学習開発財団、一般財団法人ヘルスケア産業推進財団からも認定を受けています。

 

メンタルケアカウンセラーの資格は、資格試験を受ける必要はありません。というのも、メンタルケアカウンセラー講座を受講し、修了認定テストで一定の成績を修めればメンタルケアカウンセラーの資格を取得するこができるのです。

 

 こころ検定に移行されていないメンタルケアカウンセラー

 

メンタルケアカウンセラーの上位資格にメンタルケア心理士というものがあります。そのメンタルケア心理士のさらに上位資格がメンタルケア心理専門士というものになります。

 

実は、メンタルケアカウンセラーの上位資格であるメンタルケア心理士とメンタルケア心理専門士においてはその資格試験がこころ検定に移行されています。現在ではメンタルケア心理士の資格試験に相当するのがこころ検定2級、メンタルケア心理専門士の資格試験に相当するのがこころ検定1級ということになっています。

 

内容に大きな変化はなく、名称の変更という形になっています。ただ、メンタルケアカウンセラーに関してはメンタルケア心理士やメンタルケア心理専門士のようにこころ検定への移行というものがおこなわれていないのです。

 

というのも、先でもお話ししましたようにメンタルケアカウンセラーの資格というのはもともとメンタルケアカウンセラー講座を受講し、修了認定テストで一定の成績を修めればOKという資格です。明確な資格試験というものが存在しませんので、こころ検定に移行する必要がなかったのです。

 

メンタルケア心理士やメンタルケア心理専門士には変更があったものの、メンタルケアカウンセラーに関しては変更がないのです。