看護師 こころ検定

看護師のスキルアップにこころ検定が有効な理由

メンタルケアトリプル講座

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケアWライセンス講座

 

 

メンタルケアカウンセラー、メンタルケア心理士、メンタルケア心理専門士の3つの資格を同時に目指す講座。

無料資料請求はこちら

 

 

メンタルケア心理士、准メンタルケア心理専門士、メンタルケア心理専門士の3つの資格を同時に目指す講座。

無料資料請求はこちら

 

 

メンタルケアカウンセラー、メンタルケア心理士の2つの資格を同時に目指す講座。カウンセリング実技実践付。

無料資料請求はこちら

 

 心身ともにハードな看護師だからこそこころ検定との相性は抜群

 

看護師というと「白衣の天使」といった表現が多用されることもあり、ほのぼのとした仕事というイメージを持っている方もいるかもしれません。しかしながら、実際に看護師として働いてみるとそのイメージとの大きなギャップを感じることになるでしょう。

 

どこで働くかによっても違ってくるのですが、基本的に看護師の1日というのはとても忙しいものです。やるべき業務をこなしながら、患者さんとのやり取りもしていかなければいけません。

 

患者さんもみんな聞き分けがいいとは限りませんし、お医者さんとのやり取りや看護師同士でのやり取り、患者さんの家族とのやり取りなども発生してきます。そういった中で、ストレスを感じないわけがありません。

 

体力がないと続けられない仕事ですし、精神面での強さもないと看護師としての仕事は続けられないでしょう。実際に、看護師として働いていく中で心を病んでしまう方も少なくありません。

 

看護師というのは、それだけハードな仕事なのです。だからこそ、こころ検定との相性がいいのです。

 

 自分も楽になるし、患者さんのメンタルのケアにも役立てる

 

看護師で心理学を学ぼうとする方というのは、本当に多いです。それだけ多くの看護師が必要性を感じているということなのでしょう。

 

実際に看護師がこころ検定で心理学を学ぶと、看護師自身も楽になりますし、患者さんのメンタルケアもできるようになります。つまり、多くのメリットが得られるのです。

 

看護師という心身ともにハードな仕事の中で、自分のメンタルをしっかりとコントロールし、患者さんのメンタルもケアしていくことができます。自分だけではなく、自分以外の誰かにも学んだ知識やスキルを活かしていくことができるのです。

 

患者さんに限らず、お医者さんとのコミュニケーションや看護師同士でのコミュニケーション、患者さんの家族とのコミュニケーションなどでも活かしていくことができるでしょう。特に看護師という仕事は命を預かるというプレッシャーはもちろんですが、その中での人間関係など精神面での負担が大きくなります。

 

よりよい看護師になるためにも、看護師としての仕事を続けていくためにもこころ検定というのは必要なものなのです。こころ検定での学びが看護師としてのスキルアップにつながりますし、転職などでも役立ってくれるかもしれません。