こころ検定 開業可能

こころ検定合格で心理カウンセラーとして開業可能か?

メンタルケアトリプル講座

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケアWライセンス講座

 

 

メンタルケアカウンセラー、メンタルケア心理士、メンタルケア心理専門士の3つの資格を同時に目指す講座。

無料資料請求はこちら

 

 

メンタルケア心理士、准メンタルケア心理専門士、メンタルケア心理専門士の3つの資格を同時に目指す講座。

無料資料請求はこちら

 

 

メンタルケアカウンセラー、メンタルケア心理士の2つの資格を同時に目指す講座。カウンセリング実技実践付。

無料資料請求はこちら

 

 こころ検定合格で心理カウンセラーとして開業は可能!

 

こころ検定合格で心理カウンセラーとして開業可能なのかということなのですが、結論から言ってしまうと心理カウンセラーとして開業は可能です。ただ、こころ検定にもレベルがありますので、一定のレベル以上で開業するのが望ましいでしょう。

 

こころ検定は4級、3級、2級、1級という4つのレベルがあります。言うまでもありませんが、4級がもっとも難易度の低いもので、1級がもっとも難易度の高いものとなっています。

 

こころ検定4級と3級というのは、いわゆる入門編的な立ち位置になります。こころ検定は4級と3級に合格することによって、基礎と応用に関してはきちんと学びましたよと証明できるのです。

 

ただ、心理カウンセラーとして開業するのであれば、やはりそのさらに上のこころ検定2級と1級にも合格しておきたいところです。こころ検定2級はメンタルケア心理士の資格試験に相当するもので、そのメンタルケア心理士は心理カウンセラーとしては是非取得しておきたい資格のひとつとして知られています。

 

こころ検定はちょうど2級から試験範囲も広がり、難易度もぐっと上がってきます。心理カウンセラーとして十分な知識とスキルを持って開業するということであれば、最低でもこころ検定2級には合格しておきたいところです。

 

 こころ検定合格後に資格を取得しておくとなおよし

 

心理カウンセラーとして開業するのであれば、こころ検定だけではなくその先の資格取得も目指しておきたいところです。こころ検定2級に合格したのであればメンタルケア心理士の資格を取得しておきたいですし、こころ検定1級に合格したのであればメンタルケア心理専門士の資格を取得しておきたいのです。

 

こころ検定に合格するというだけでも知識やスキルの証明になるのですが、やはり資格を取得しておいたほうが心理カウンセラーとしては有利になります。心理カウンセラーとして開業するのであれば、やはり信頼や信用といったものを得られるように意識しておかなければいけません。

 

心に問題を抱えている方というのは心理カウンセラーに心を預けることになりますので、「この人で本当に大丈夫なのか」という部分を考えるようになります。そこでひとつの目安になってくるのがその心理カウンセラーの取得している資格なのです。資格を取得しておけば、それだけで安心感を与えられるのです。