こころ検定 4級

注目高まる!こころ検定4級

メンタルケアトリプル講座

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケアWライセンス講座

 

 

メンタルケアカウンセラー、メンタルケア心理士、メンタルケア心理専門士の3つの資格を同時に目指す講座。

無料資料請求はこちら

 

 

メンタルケア心理士、准メンタルケア心理専門士、メンタルケア心理専門士の3つの資格を同時に目指す講座。

無料資料請求はこちら

 

 

メンタルケアカウンセラー、メンタルケア心理士の2つの資格を同時に目指す講座。カウンセリング実技実践付。

無料資料請求はこちら

 

 こころ検定4級とは?

 

こころ検定4級というのは、「心と向き合う」ということテーマにしています。基礎心理学における領域で知識を理解し、自分の心について理解を深めることができます。

 

具体的には心と行動の関係について学ぶ学習心理学、心と物事の捉え方の関係について学ぶ認知心理学、体と心の関係について学ぶ生理心理学、見る・聴くことと心の関係について学ぶ知覚心理学、自分と他人の心について学ぶ社会心理学、気持ちとやる気について学ぶ感情心理学、頭の良さと心の関係について学ぶ知能についての検定ということになります。学習、認知、生理、知覚、社会、感情、知識といった領域について学び、検定を受けることで知識の習得を証明するという形です。

 

このこころ検定4級はだれでも受検することができますので、受検資格として設けられている条件はありません。こころ検定は4級以外にも3級、2級、1級とありますが、3級と2級であれば併願受検も可能となっています。

 

試験の形式としてはCBT試験が採用されており、四者択一で20問、100点中70点以上が合格基準となっています。試験会場でコンピュータを使って試験を受けることになります。

 

 こころ検定4級は入門編とも言える存在

 

こころ検定は4級、3級、2級、1級と4つのレベルがあります。4級がもっとも難易度が低く、1級がもっとも難易度が高いものとなっています。

 

4つのレベルがある中でもっとも難易度の低いこころ検定4級ですので、こころ検定としては入門編とも言える存在でしょう。心理学をきちんと勉強したことのある方であれば、試験範囲の内容を復習するだけでも十分に合格を狙えるでしょう。

 

もちろん、だからといってまったく勉強をしなくていいというわけではありません。難易度が低くとも、油断していれば当然落ちてしまうこともあります。

 

難易度の低いこころ検定4級は、心理方面で本格的な活動をしようと思っているものの心理学については勉強をし始めたばかり、これから勉強を始めるといった方がまず目指すべきものと言ってもいいかもしれません。これを第一歩として、さらに高みを目指していくのです。

 

ありがたいことに、こころ検定4級に合格してもさらに3級や2級、1級と目指していくことができますので、4級に合格することによってモチベーションも高まってくるのではないでしょうか?こころ検定4級は上を目指すための第一歩なのです。