こころ検定 2級

注目高まる!こころ検定2級

メンタルケアトリプル講座

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケアWライセンス講座

 

 

メンタルケアカウンセラー、メンタルケア心理士、メンタルケア心理専門士の3つの資格を同時に目指す講座。

無料資料請求はこちら

 

 

メンタルケア心理士、准メンタルケア心理専門士、メンタルケア心理専門士の3つの資格を同時に目指す講座。

無料資料請求はこちら

 

 

メンタルケアカウンセラー、メンタルケア心理士の2つの資格を同時に目指す講座。カウンセリング実技実践付。

無料資料請求はこちら

 

 こころ検定2級とは?

 

こころ検定2級では、「心に触れる」といったことがテーマになってきます。医療や福祉、教育、産業、公共サービスなどでの相談援助および心理カウンセリング、心理療法によるカウンセリング業務従事職やコミュニケーション向上で求められる基礎知識や技能を持つといったことが目標になってきます。

 

こころ検定2級になってくると、難易度がぐっと上がってきます。というのも、出題範囲がかなり広くなりますし、求められる知識やスキルも深いものとなってくるのです。

 

例えば、精神解剖生理学として生化学に関する基礎知識や解剖生理学に関する基礎知識など、精神医科学として精神障害に関する基礎知識や発達心理学に関する基礎知識など、カウンセリング基本技法としてカウンセリング概論やカウンセリング倫理などが挙げられます。すでに難易度の高さがうかがえるかと思います。

 

受検資格ありませんので、誰でも気軽に受検することができます。こころ検定3級や4級との併願受検も可能となっています。

 

試験方法にはCBT試験が採用されており、四者択一で40問、正答率70%以上というのが合格基準となっています。試験会場のコンピュータで試験を受けることになるのですが、試験終了後にはすぐに合否を知ることができます。

 

 こころ検定2級はメンタルケア心理士の資格試験に相当する

 

こころ検定には4級、3級、2級、1級といった4つのレベルがあります。こころ検定2級からは難易度がぐっと上がってくることになります。

 

というのも、こころ検定2級というのはメンタルケア心理士の資格試験に相当するものなのです。資格試験と思えば、難易度が高くなってくるのもある意味では仕方がありません。

 

特に、メンタルケア心理士の資格というのは心理カウンセラーとして活動していく上で、是非取得しておきたい資格だと言われています。というのも、メンタルケア心理士の資格を取得できるレベルであれば心理カウンセラーとして活動していく上で必要となってくる知識やスキルを身につけていることの証明になるからです。

 

こころ検定2級を受検する方の中には、心理カウンセラーを含めて心理方面で活躍したいという方も多いのではないでしょうか?そういった方にとっては、こころ検定2級というのは合格しておくべきものですし、こころ検定2級に合格して、メンタルケア心理士の資格を取得しておいたほうがいいでしょう。