こころ検定

こころ検定記事一覧

 こころ検定4級とは?こころ検定4級というのは、「心と向き合う」ということテーマにしています。基礎心理学における領域で知識を理解し、自分の心について理解を深めることができます。具体的には心と行動の関係について学ぶ学習心理学、心と物事の捉え方の関係について学ぶ認知心理学、体と心の関係について学ぶ生理心理学、見る・聴くことと心の関係について学ぶ知覚心理学、自分と他人の心について学ぶ社会心理学、気持ちと...

 こころ検定3級とは?こころ検定3級のテーマは、「心を成長させる」というものです。基礎心理学における領域で、知識やスキルを身につけて、自分の心の成長を測ることができるようになります。具体的には心の成長について学ぶ発達心理学、性格と心の関係について学ぶパーソナリティ心理学、教える・教わることと心の関係について学ぶ教育心理学、健やかな生活と心について学ぶ適応と不適応、心を測定する検査学といったものが挙...

 こころ検定2級とは?こころ検定2級では、「心に触れる」といったことがテーマになってきます。医療や福祉、教育、産業、公共サービスなどでの相談援助および心理カウンセリング、心理療法によるカウンセリング業務従事職やコミュニケーション向上で求められる基礎知識や技能を持つといったことが目標になってきます。こころ検定2級になってくると、難易度がぐっと上がってきます。というのも、出題範囲がかなり広くなりますし...

 こころ検定1級とは?こころ検定1級におけるテーマは、「心を援助する」です。医療や福祉、教育、産業、公共サービスなどでの相談援助および心理カウンセリング、心理療法によるカウンセリング業務従事職やコミュニケーション向上で求められる応用知識や技能といったものを有することを証明するためのものです。こころ検定1級はこころ検定の中でももっとも難しいということもあり、出題範囲が広く、より深いものとなっています...

 こころ検定ではメンタルケア心理士講座を受講する必要はないこころ検定は4級、3級、2級、1級という4つのレベルがあります。メンタルケア心理士の資格試験に相当するのがこころ検定2級になります。メンタルケア心理士の資格試験がこころ検定2級という名前に変わったという認識でOKなのですが、実は受検資格も変わっています。というのも、こころ検定2級に関しては受検資格が設けられておらず誰でも受検できるようになっ...

 こころ検定には公式テキストと問題集があるこころ検定には公式テキストと問題集があります。こころ検定4級、3級、2級、1級で詳しく見ていきましょう。こころ検定4級に関しては、メンタルケア学術学会監修 文部科学省後援こころ検定4級 公式テキストが出ています。それとは別にメンタルケア学術学会監修 文部科学省後援こころ検定4級 対策問題集も出ています。こころ検定3級に関しては、メンタルケア学術学会監修 文...

 こころ検定2級はメンタルケア心理士の資格試験に相当するものこころ検定には4級、3級、2級、1級という4つのレベルがあるのですが、その中でもこころ検定2級というのはメンタルケア心理士の資格試験に相当するものです。つまり、メンタルケア心理士の資格取得を目指す方であれば、まずはこのこころ検定2級をクリアしなければいけないのです。このメンタルケア心理士という資格は、心理カウンセラーとして活動するのであれ...

 心理学を学ぶのはハードルが高い心理学を学ぶのは、ハードルが高いと思われがちです。大学や大学院に通わないと、きちんと心理学を学ぶことができないと思っている方も多いのではないでしょうか?これはおそらく臨床心理士の資格による影響でしょう。最近になって心理系の資格にもようやく国家資格が誕生しましたので今後どのような動きになってくるかはわからない部分もあるのですが、もともと臨床心理士は心理系の資格の中で最...

 こころ検定4級と3級の検定テスト問題こころ検定4級の検定テスト問題を見ていきましょう。「学習心理学・行動分析学を専門とする代表的な日本の心理学者として、正しいものはどれか。」という問いに対して、「佐藤方哉」「河合隼雄」「三隅二不二」「松本亦太郎」の4択から選んでいくことになります。この場合には、「佐藤方哉」が正解となります。この他にも記述の中から適切なものを4択から選ぶものや不適切なものを4択か...

 たのまなのメンタルケア心理士講座とは?たのまなのメンタルケア心理士講座では、メンタルケアの専門家として活躍していくための知識とスキルの習得を目指していくことになります。ストレス社会と呼ばれる現代社会が抱えているさまざまな課題や問題といったものを心理学的視点から幅広く学び、それを活かして社会や地域で広く活躍できるだけのものを身につけていくことになります。心理というと心のことばかりが取り上げられてし...

 こころ検定2級合格を最短で狙うならたのまなのメンタルケア心理士講座メンタルケア心理士の資格試験は、名称が変更となりました。現在ではこころ検定というものがあり、その2級がメンタルケア心理士の資格試験に相当するものとなっています。名称の変更はあったものの、勉強する範囲というのはほとんど変わっていません。メンタルケア心理士の資格試験に相当するこころ検定2級というのは、やはりその試験範囲もかなり広くなっ...

 こころ検定1級合格を目指すならたのまなのメンタルケア心理専門士講座で最短ルートをこころ検定には4級、3級、2級、1級という4つのレベルがあります。言うまでもありませんが、こころ検定1級というのはこころ検定の中でももっともレベルの高いものです。メンタルケア心理専門士の資格試験の名称が変わり、こころ検定1級となりました。つまり、こころ検定1級というのはメンタルケア心理専門士の資格試験に相当するものな...

 こころ検定合格で心理カウンセラーとして開業は可能!こころ検定合格で心理カウンセラーとして開業可能なのかということなのですが、結論から言ってしまうと心理カウンセラーとして開業は可能です。ただ、こころ検定にもレベルがありますので、一定のレベル以上で開業するのが望ましいでしょう。こころ検定は4級、3級、2級、1級という4つのレベルがあります。言うまでもありませんが、4級がもっとも難易度の低いもので、1...

 代表的なものとしてはカウンセリング業務やメンタルケアの指導こころ検定合格後に就ける仕事内容が気になっているという方も多いでしょう。いろいろな仕事に活かしていくことができるのですが、代表的なものとしてはカウンセリング業務やメンタルケアの指導といったものが挙げられます。特に、こころ検定2級というのはメンタルケア心理士の資格試験に相当するものです。メンタルケア心理士の資格というのは心理カウンセラーであ...

 メンタルケアカウンセラーとは?メンタルケアカウンセラーというのは、生活全般に広く活用できる知識が身につき、自分のメンタルコントロールだけではなく、コミュニケーションの円滑化やメンタルケアの支援に役立てることのできるものです。心理系の資格としては、入門編といった位置づけになっています。ただ、入門編といっても公的学会認定資格となっています。公的学会認定資格というのは「日本学術会議」から指定を受けてい...

 心身ともにハードな看護師だからこそこころ検定との相性は抜群看護師というと「白衣の天使」といった表現が多用されることもあり、ほのぼのとした仕事というイメージを持っている方もいるかもしれません。しかしながら、実際に看護師として働いてみるとそのイメージとの大きなギャップを感じることになるでしょう。どこで働くかによっても違ってくるのですが、基本的に看護師の1日というのはとても忙しいものです。やるべき業務...