心理カウンセラーと臨床心理士の違い

メンタルケアトリプル講座

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケアWライセンス講座

 

 

メンタルケアカウンセラー、メンタルケア心理士、メンタルケア心理専門士の3つの資格を同時に目指す講座。

無料資料請求はこちら

 

 

メンタルケア心理士、准メンタルケア心理専門士、メンタルケア心理専門士の3つの資格を同時に目指す講座。

無料資料請求はこちら

 

 

メンタルケアカウンセラー、メンタルケア心理士の2つの資格を同時に目指す講座。カウンセリング実技実践付。

無料資料請求はこちら

 

心理カウンセラーはカウンセリングを仕事としている人すべての総称です。
カウンセラーとして活動するうえで、とても高い心理学の知識やスキルをもっていることを証明するのが「臨床心理士」という資格です。この資格をとった人のみ、「臨床心理士」と名乗って活動することができます。
仕事内容はどちらもあまり変わりませんが、活躍できるステージが違います。
そのほか、なる方法、必要な資格などの違いを解説します。

 

心理カウンセラーと臨床心理士の大きな違い

心理カウンセラーとだけ名乗って活動するか、臨床心理士として活動するかは大きく違います。
臨床心理士は国家資格にも近いとされている、評価の高い資格です。
たとえば病院、市や県の教育委員会が募集するカウンセラーの要件に、「臨床心理士」が示されていることがほとんどです。
臨床心理士であれば、活動できる場が多くなります。

 

心理カウンセラーの場合、臨床心理士ほど社会的な評価が高くありません。
カウンセリング業務に就きたいと求人を探しても、なかなか見つからない、または見つかってもあまり条件が良くない企業のほうが多いです。
まだ学生であるなら、臨床心理士を目指して大学を選んだ方が良いでしょう。

 

働き方・給与・待遇の違いは?

臨床心理士の場合

臨床心理士の資格をもっていても、安定しているとはいえません。
公共サービスや、病院の精神科などに正規で勤めれば、高収入も期待できます。
けれど、まだ経験が足りない臨床心理士は、時給やカウンセリングの回数によって給与をもらうのがほとんど。
ただ時給や回数の金額が高く、1時間3000円〜5000円ほどが相場とされています。病院や市や県の学校などに勤めると、高めの時給が設定されているからです。
学校の場合は週1日勤務が原則となっていることもあり、複数の場所をかけもちする人もいます。

 

経験・実績が上がり、ベテランになると給与や待遇が良くなっていきます。
時給が上がり、なかには時給10,000円近くになる人も。
条件の良い企業の募集には「実務経験〇年以上」と記載してあることもあり、高い給与・待遇の良い企業に勤めることも期待できます。

 

心理カウンセラーの場合

心理カウンセラーも同じく、勤め先によって給与や待遇が変わってきます。
非正規の場合、臨床心理士とくらべて時給や回数の金額は安め。時給1000円〜3000円ほどだとされています。経験がないうちは1000円もないかもしれません。
副業としてカウンセラーをしている人が多いです。

 

こちらも臨床心理士ほどではありませんが、実務経験があるほど勤められるところが増え、給与や待遇アップが期待できます。
十分な実務経験をもってから独立・開業する人もいます。
給与や料金を自分で決められるので、集客力や確かなスキルがあると高収入も見込めます。

 

なる方法のちがいは?

臨床心理士になるには?

  • ・協会が指定する大学院を修了すること
  • ・臨床心理士養成に関する専門職大学院を修了すること
  • ・諸外国で指定大学院と同等以上の教育歴があり、修了後の日本国内で心理臨床を2年以上、経験していること
  • ・医師免許取得者で、取得後、心理臨床を2年以上経験していること

 

以上の受験資格を満たして、日本臨床心理士認定協会の試験に合格すると「臨床心理士」の資格を取得できます。

 

試験の前に、厳しい条件が課せられていますね。
要約すると、協会が定める大学院を修了していないといけません。
時間も学費も非常にかかるので、社会人にはむずかしいでしょう。

 

心理カウンセラーになるには?

心理カウンセラーは無資格であっても名乗ることはできます。素人がカウンセリングしてはいけない、という決まりもありません。

 

けれど、資格をもっていないと企業への就職はむずかしいです。
個人相談室を開いても、無料カウンセリングか、人の目を引くものがないと相談には来ないでしょう。

 

そのため、心理カウンセラーになるには資格をもっていることが重要です。
臨床心理士でなくても、活動するときに心強い資格がありますよ。
「メンタルケアカウンセラー」や「メンタルケア心理士」「メンタルケア心理専門士」です。
メンタルケア学術学会という公的学会が認める資格です。社会的な信頼度が高く、履歴書に書くこともできます。

 

ヒューマンアカデミー たのまなで資格を取得する

メンタルケア心理士など資格は、メンタルケア学術学会が定める通信講座を修了して、試験に合格すると取得できます。
その通信講座「ヒューマンアカデミー たのまな」。
たのまなには、さまざまなメリットがあります。

 

  • 学習内容・講義は臨床心理士など専門家が監修
  • 試験の主催団体が発行している公式テキストで学習する
  • 試験問題に近い添削問題集が手に入る
  • 実践力が身につくプログラムもあり
  • 質問は何度でも可能!講師によるフォローが手厚い
  • マイペースですすめられる
  • 1日短時間の学習で終わるようにつくられている

 

「心理学を学んだことがないから不安」
「忙しくて時間がない」
「学費を節約したい」

 

という方こそ、ヒューマンアカデミー たのまなをおすすめします。

 

まとめ

心理カウンセラーと臨床心理士の違いは、社会的評価や、なるまでの厳しさです。
臨床心理士は、なるまでが厳しく、そのぶん社会に評価された資格です。働き方・給与・待遇も心理カウンセラーと違ってきます。

 

けれど、カウンセリングは「実務経験」が大事です。
心理カウンセラーでも、多くの人をカウンセリングするうち、勤められる企業や相談者が増えていきます。臨床心理士を超える収入を得ているカウンセラーもいます。

 

そんな心理カウンセラーの道はやさしく、誰でも目指すことができます。
そのための力になる資格を、ヒューマンアカデミー たのまなで取得しましょう。