一般財団法人ヘルスケア産業推進財団とは

メンタルケアトリプル講座

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケアWライセンス講座

 

 

メンタルケアカウンセラー、メンタルケア心理士、メンタルケア心理専門士の3つの資格を同時に目指す講座。

無料資料請求はこちら

 

 

メンタルケア心理士、准メンタルケア心理専門士、メンタルケア心理専門士の3つの資格を同時に目指す講座。

無料資料請求はこちら

 

 

メンタルケアカウンセラー、メンタルケア心理士の2つの資格を同時に目指す講座。カウンセリング実技実践付。

無料資料請求はこちら

 

 別府武彦が代表理事を務めている

 

一般財団法人ヘルスケア産業推進財団は、別府武彦が代表理事を務めていることでも知られています。別府武彦は、加速的に進んでいる日本の少子高齢化によって社会保障費が年々増加している今の状況を危惧しています。社会保障費を抑えるためにも、国民の健康を送信し、生活習慣病などによる医療費の抑制が重要だと考えています。
ヘルスケア産業というと医療の分野にはあまり関係ないように思えるかもしれませんが、ヘルスケア産業が活性化することによって国民の病気の予防、健康促進、社会保障費の抑制につながっていくのです。健康で長寿の社会を実現していくことというのは、国民の生活の豊かさの向上にもつながるでしょう。
こういった時代背景の中で、健全なヘルスケア産業の発展を推進するための事業を通して、健康で長寿な社会を実現し、社会保障費の抑制や国民生活の向上を目指していくことを目的に設立されたのが一般財団法人ヘルスケア産業推進財団なのです。まさに、今の時代に必要不可欠な存在といってもいいのではないでしょうか。

 

 一般財団法人ヘルスケア産業推進財団の事業について

 

では、一般財団法人ヘルスケア産業推進財団は具体的にどのような事業をおこなっているのでしょうか。ヘルスケア産業推進企業、団体認定事業、ヘルスケア産業普及啓発事業、ヘルスケア産業推進財団開発認定講座及び資格事業、ヘルスケア研究助成事業などが挙げられます。これだけでもかなりの数の事業をおこなっていることが伺えます。
中でも注目しておきたいのが、ヘルスケア産業推進寄与講座等及び、資格の財団認定及び後援事業です。この事業ではヘルスケア産業に資する人材を育成するため、ヘルスケアに関する講座やその講座に関連する資格について審査し、認定をおこなっています。一般財団法人ヘルスケア産業推進財団の審査委員による審査によって、認定がおこなわれます。
このように一般財団法人ヘルスケア産業推進財団は、第三者評価機関として講座や資格に対して認定をおこなっているのです。一般財団法人ヘルスケア産業推進財団によって認定を受けている講座や資格というのは、それだけでより信頼を得られるものです。資格を仕事で活かしていこうと思っている方にとっては、一般財団法人ヘルスケア産業推進財団からの認定というのは非常にありがたいことなのではないでしょうか。