NLP(神経言語プログラミング)とは

メンタルケアトリプル講座

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケアWライセンス講座

 

 

メンタルケアカウンセラー、メンタルケア心理士、メンタルケア心理専門士の3つの資格を同時に目指す講座。

無料資料請求はこちら

 

 

メンタルケア心理士、准メンタルケア心理専門士、メンタルケア心理専門士の3つの資格を同時に目指す講座。

無料資料請求はこちら

 

 

メンタルケアカウンセラー、メンタルケア心理士の2つの資格を同時に目指す講座。カウンセリング実技実践付。

無料資料請求はこちら

 

 世界的にも知られているNLP(神経言語プログラミング)

 

NLP(神経言語プログラミング)は、1970年代にアメリカで研究、開発されたものです。アメリカのドラマや映画などを見ていても、心理カウンセリングのシーンというのは非常に多く登場するものです。心理学というものが早い段階から根付いているアメリカだからこそ、NLP(神経言語プログラミング)が誕生したといってもいいかもしれません。
NLP(神経言語プログラミング)は、現在、世界的にも効果的なひとつの療法として知られるようになっています。大統領や一流アスリート、歴史的偉人もこのNLP(神経言語プログラミング)を活用してきたと言われているのです。偉大な功績を残している人々の影には、NLP(神経言語プログラミング)の存在があったのです。
NLP(神経言語プログラミング)は、脳の取扱説明書と呼ばれることもあります。人間は神経を通して、さまざまなものを認識していき、記憶していきます。そういった情報がプログラミングされることによって、人間の言動というものが作られているのです。逆に言えば、このプログラミングを書き換えることができれば、人間の言動も変えられるということになります。これがNLP(神経言語プログラミング)なのです。

 

 有名なパブロフの犬という実験

 

パブロフの犬という実験についてご存知の方も多いのではないでしょうか。ベルを鳴らしてから犬に餌を与えるというものなのですが、最終的に犬はベルを鳴らしただけでよだれを垂らすようになります。ベルが鳴るということと餌が出てくるということが犬の中でプログラミングされた結果こうなるのです。
同じような実験は他にもいろいろあるのですが、まさにこの有名なパブロフの犬という実験がNLP(神経言語プログラミング)を表現しているのです。これも一種のプログラミングの書き換えなのです。もちろん、同じことが人間でも可能ですし、それによって人間はより生きやすくなります。
人前に立つのが苦手だという方でもNLP(神経言語プログラミング)によってプログラミングを書き換えれば、人前に立つのを苦手としなくなるでしょう。心に問題を抱えている方にとって、このNLP(神経言語プログラミング)というのは非常に有効な療法のひとつなのです。NLP(神経言語プログラミング)によってなりたい自分にどんどん近づいていけるといってもいいかもしれません。