メンタルケア心理専門士 受験資格

メンタルケア心理専門士受験資格

メンタルケアトリプル講座

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケアWライセンス講座

 

 

メンタルケアカウンセラー、メンタルケア心理士、メンタルケア心理専門士の3つの資格を同時に目指す講座。

無料資料請求はこちら

 

 

メンタルケア心理士、准メンタルケア心理専門士、メンタルケア心理専門士の3つの資格を同時に目指す講座。

無料資料請求はこちら

 

 

メンタルケアカウンセラー、メンタルケア心理士の2つの資格を同時に目指す講座。カウンセリング実技実践付。

無料資料請求はこちら

 

 メンタルケア心理専門士の受験資格について

 

メンタルケア心理専門士の受験資格についてです。メンタルケア心理専門士に限ったことではなく、何かの資格を取得するのであればまずはその受験資格を満たしておかなければいけません。というのも、受験資格を満たしていないとそもそも試験すら受けることができないのです。せっかく資格取得できるだけの能力があるのに、受験資格を満たしていないからといって試験を受けられないのはもったいないことです。
では、メンタルケア心理専門士では具体的にどのような受験資格が設定されているのでしょうか。メンタルケア心理士の認定試験に合格している方、臨床心理士の資格を保有している方、心理隣接研究・専攻科修士の方となっており、この中のどれかに当てはまっていればメンタルケア心理専門士の受験資格を満たしているということになります。
メンタルケア心理専門士の資格というのは、心理系の資格の中でも上位に位置するものです。そのため、高いレベルが求められるというのが受験資格からもおわかりになるのではないでしょうか。独学で少し心理学をかじっていた程度では、受験資格を満たすことはできないのです。

 

 メンタルケア心理士の認定資格に合格するのが一番の近道

 

メンタルケア心理専門士の受験資格は、メンタルケア心理士の認定試験に合格している方、臨床心理士の資格を保有している方、心理隣接研究・専攻科修士の方となっています。この中のどれかに当てはまればいいのですが、その中でも一番クリアしやすいのはメンタルケア心理士の認定試験に合格することです。
というのも、臨床心理士の資格を取得するためにはかなりの時間とお金、そして労力がかかります。今から臨床心理士の資格を取得しようと思えば何年も先になるでしょう。心理隣接研究・専攻科修士も同じです。今からこれらの条件を満たすということであれば、年単位の時間がかかってしまうのです。
しかしながら、メンタルケア心理士の認定試験に合格するのは、1年もあれば十分です。しかも、もともとメンタルケア心理専門士の出題範囲にはメンタルケア心理士の分野全般も含まれます。受験資格を満たすことができるだけではなく、出題範囲の勉強も同時に進めることができるのです。まさに一石二鳥なのです。受験資格を満たしていないという方であれば、メンタルケア心理士の認定試験に合格するところから始めるといいでしょう。