准メンタルケア心理専門士合格後の就職先と求人

メンタルケアトリプル講座

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケアWライセンス講座

 

 

メンタルケアカウンセラー、メンタルケア心理士、メンタルケア心理専門士の3つの資格を同時に目指す講座。

無料資料請求はこちら

 

 

メンタルケア心理士、准メンタルケア心理専門士、メンタルケア心理専門士の3つの資格を同時に目指す講座。

無料資料請求はこちら

 

 

メンタルケアカウンセラー、メンタルケア心理士の2つの資格を同時に目指す講座。カウンセリング実技実践付。

無料資料請求はこちら

 

 准メンタルケア心理専門士合格後の就職先について

 

准メンタルケア心理専門士合格後には、すぐに就職先を見つけて、資格を活かした仕事をしたいという方も多いことでしょう。しかしながら、実際には准メンタルケア心理専門士の資格を取得することによって、どのようなところへの就職が可能になってくるのでしょうか。
准メンタルケア心理専門士合格後となると、やはり心理カウンセラーとしての仕事を期待されることになります。そのため、医療の現場、教育の現場、福祉の現場などが主な就職先になってくるでしょう。もちろん、一般企業の中でのメンタルケアや指導などもできるようになるでしょう。
准メンタルケア心理専門士というのは、心理系の資格の中でも上位のものです。そのため、心理系の業務につく場合には即戦力として見なされるでしょうし、そういった人材を求めているところではかなり重宝されるのではないでしょうか。就職先はかなり幅広いですし、いろいろなところで求められることになるでしょう。

 

 准メンタルケア心理専門士の求人について

 

准メンタルケア心理専門士の求人についてということですが、今のところ「准メンタルケア心理専門士資格保有者募集!」といった形での求人というのはほとんどありません。つまり、准メンタルケア心理専門士の資格保有者を求めているところはほとんどないのです。
というのも、准メンタルケア心理専門士の資格というのは新しい資格です。先にメンタルケア心理士やメンタルケア心理専門士といった資格があって、その中間的な資格として最近になって生まれたのが准メンタルケア心理専門士なのです。場合によっては、「准メンタルケア心理専門士ってどんな資格なの?」と聞かれることもあるかもしれません。
ただ、准メンタルケア心理専門士の資格を持っているということは確実にプラスになります。特に、心理系の職場であれば准メンタルケア心理専門士の資格取得の難しさというものを十分に理解してくれるでしょうし、その准メンタルケア心理専門士を持っているということで即戦力として迎えてくれるでしょう。
准メンタルケア心理専門士という資格自体は素晴らしいものです。しかしながら、新しい資格であるがゆえにその認知というのは思ったほど広がっていないものです。そういったことを十分に理解した上で、准メンタルケア心理専門士の資格を活かせる仕事を探していきたいものです。