民間資格の中でもっとも権威ある資格がメンタルケア心理士

メンタルケアトリプル講座

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケアWライセンス講座

 

 

メンタルケアカウンセラー、メンタルケア心理士、メンタルケア心理専門士の3つの資格を同時に目指す講座。

無料資料請求はこちら

 

 

メンタルケア心理士、准メンタルケア心理専門士、メンタルケア心理専門士の3つの資格を同時に目指す講座。

無料資料請求はこちら

 

 

メンタルケアカウンセラー、メンタルケア心理士の2つの資格を同時に目指す講座。カウンセリング実技実践付。

無料資料請求はこちら

 

近年、「メンタルケア心理士」を目指す人が増えていると言われています。
これから心理学を学ぶのであれば民間資格ではありますが「メンタルケア心理士」を習得するのがおすすめです。ではどうしてこの資格がおすすめなのか見ていきましょう。

 

 「メンタルケア心理士」は民間資格の中で最も権威あります

 

「メンタルケア心理士」は心理学関係の数ある民間資格の中でも一番評価され権威がある資格だと言われています。その理由にはどんなものがあるのでしょうか。
「メンタルケア心理士」の資格は内閣府認証設立である「医療福祉情報実務能力協会」と、「財団法人生涯学習開発財団」の認定証書がもらえます。
さらに「メンタルケア心理士」は医療・福祉・教育の分野で活躍できる資格であるということが大きいと言えます。特に医療・福祉は今後需要が伸び、人手不足になると言われ、将来性がある分野だと言われています。精神疾患にかかっている人の割合は3人に1人だと言われ、医療や福祉の分野でも精神疾患対策として専門的な知識をもった人が重宝されていくでしょう。教育面では、不安定な世の中の影響で学校に馴染めない場合や貧困差が問題となっています。家庭の問題で心を閉ざしてしまう子も多いと言われ心のケアがとても大切です。
「メンタルケア心理士」として向いている人は相手を理解し、広い視野を持って接することが出来る人だと言われています。習得とした資格を生かして勤めることも出来ますし、開業することも出来ます。ヒューマンアカデミーの通信講座なら希望者には開業支援などの後ろ盾も行ってくれるので安心です。

 

 さらに上を目指すのであれば「メンタルケア心理専門士R」

 

さらに心理学の分野で活躍したい、役に立ちたいと思うのであれば「メンタルケア心理士」の上級資格として知られる「メンタルケア心理専門士R」を目指してもいいでしょう。ただし「メンタルケア心理専門士R」は合格率が2割といわれる超難関な資格でもあります。認知度としてはまだまだ低い資格でありますが公認資格であることを考えても今後の伸びしろがあり、ますます権威がある資格となるでしょう。どちらの資格も勉強は通信制で行うことが出来るので会社員を続けながら毎日無理なく勉強することが出来ます。

 

心理学は資格を習得したら終わりではありません。常に勉強し地道に努力することが大切です。心理学の分野は人の為になる仕事でありやりがいのある素晴らしい仕事です。